虫歯ってそもそも何?

虫歯ってそもそも何?

虫歯は日本において、歯周病と並ぶ歯科における二大疾患の1つに含まれるほど、患者数の多い疾患です。虫歯は正式には「う歯(齲蝕(うしょく)に侵された歯)」と呼ばれ、口の中の細菌が作った酸で、歯質が脱灰され、歯が欠ける齲蝕(うしょく)という疾患によって作られます。また、ひどい状態まで進み、歯に穴が開いていることが視認できるほどの穴のことをう窩と呼びます。

虫歯は風邪のようにどのような世代、年齢、性別でもかかる病気であり、場合によっては防ぎようのないこともあります。また、歯ができたての場合、数年は歯の石灰化度が低いことから、虫歯になりやすいので、歯が生え変わる年齢に多く発症します。それから、単純な高齢化の進行、歯の健康の保守により、高齢者の虫歯が統計で増えてきていることがわかりました。

虫歯になる原因は特にストレプトコッカス・ミュータンスという口の中に常在する細菌の存在が大きいといわれていますが、これだけではなく、他のさまざまな口の中に常在する細菌も原因になりえます。

虫歯の予防には歯磨きがいいとされていますが、人によっては毎日磨いても虫歯になったり、一切磨かなくても虫歯にならない場合もあります。しかし、衛生的に考えて、しっかりとした歯磨きは重要です。

    関連サイトのリンク集

  • 心の悩みを親身になって相談に乗ってくれて、医師と患者の間の信頼関係を大切に考えている精神科を名古屋で探しているなら、一人では解決できないような深刻な悩みや不安でも一緒に話し合うことで、問題が整理されて解決の糸口がつかめるので安心して任せられます。

Copyright(C) 歯に関する情報ガイド All Rights Reserved.