歯学とは

歯学とは

歯医者は、歯学にもとづいた医療従事を行うものです。それでは、歯学とはどういった学問なのでしょうか。 歯学は口腔顎顔面領域の外傷・疾患に関する知識を深め、原因を究明し、その外傷・疾患の診断や予防、治療方法を確立するための学問です。歯科学・歯科医学とも呼ばれ、歯学は英語でDentistryといいます。歯学は、日本において医学と分かれていますが、明治時代から医学から離れ、独立しました。その以前は医学に含まれた学問であり、口中科と呼ばれています。アジア諸国には、いまだに歯学が独立しておらず、医学の1分野に含まれたままの国もあります。 歯学においては、医学における基礎医学のように、基礎歯学という分野があり、口腔解剖学、口腔生理学、口腔病理学、口腔細菌学(口腔微生物学・口腔感染防御学)、口腔生化学、口腔組織学、口腔免疫学、歯科薬理学(歯科薬物学)、歯科理工学(口腔生体材料学)・(歯科材料学)で構成されていて、これを修学することで口腔顎顔面領域に関する知見を深めることができます。 また、臨床医学には、口腔診断学、咬合学、歯科補綴学、保存修復学、口腔外科学、歯内療法学、歯科矯正学、小児歯科学、歯科インプラント学などがあります。

    あなたにお薦めWEBインフォメーション

  • 認知機能や知能検査、人格検査や現在の心理状態を把握する検査などの心理検査を行なう精神科を名古屋で探しているなら、今まで見えなかった自分を客観的に知り、理解することで今後の生活に役立てる事が出来るのでオススメです。

Copyright(C) 歯に関する情報ガイド All Rights Reserved.