義歯について

義歯について

義歯は、無くなった歯の代用品としてつける人工臓器の1種です。施術としては、インプラントや架工義歯、有床義歯などの種類があります。義歯は古くから行われていて、平安時代のころから、木製の有床義歯を使っていたといわれています。現在においては、義歯の素材はプラスチックや金、銀、チタン、セラミック、メタルボンドポーセレン(陶器)の使用が一般的で、インプラントでは人体の影響を考えてチタンが多いです。また、義歯は使用素材や治療内容などによって、健康保険が適用される場合とされない場合があります。

例えば、差し歯においては、歯根が残っている場合に、人工歯を差し込む施術方法です。また、ブリッジにおいては、多数ではなく少数の歯が欠損しているときに有効な施術方法で、欠損歯の両側、もしくは片側に残っている歯、さらにはデンタルインプラントを支台にし、作られる義歯です。

インプラントにおいては、1つの完全な歯の機構を作るデンタルインプラントが有名ですが、デンタルインプラントとは別に、骨に穴を開け、人工歯を埋める施術方法があります。

有床義歯は、いわゆる入れ歯と呼ばれるものであり、取り外しが可能な義歯です。主に、部分入れ歯と総入れ歯の2種類があります。

    お薦めWEBインフォメーション

  • 仕事で時間が不規則な方や様々な年齢層の方々に利用されている下北沢徒歩1分のマッサージ店コリほぐしなら、リピート率9割の病みつきになる技術力で日頃の疲れを癒してくれるのでオススメです。

Copyright(C) 歯に関する情報ガイド All Rights Reserved.